<たそがれ -Twilight->【なつかしの歌謡曲】昭和-平成ヒット・ミュージック

昭和44年生まれの筆者が、60年代~2000年代にヒットした想い出の歌謡曲をお届けするブログ

2018-12-15から1日間の記事一覧

津軽海峡・冬景色/石川さゆり

15歳でデビューした石川さゆりが18歳にして放った15枚目のシングル やっぱり北に向かう列車の起点は上野駅なんだよな、と近年廃止された夜行列車をしみじみ思い返してしまう。 いまだに青森のイメージはこの曲によるところが大きいのではないだろうか? 厳し…

北の宿から/都はるみ

都はるみの68枚目のシングル1976年日本レコード大賞受賞曲 自分の幼少の頃、演歌界の代表格といえば、なんといっても都はるみだったように思う。 年末恒例の「レコード大賞」を初めてテレビでしっかり見た時の大賞受賞曲がこの曲だったことを今でもよく覚え…

ロマンスの神様/広瀬香美

広瀬香美の3枚目のシングルスキー用品店「Alpen」のCMソング この曲ほどスキーに似合う曲はないだろう。 それほどAlpenのCMは輝いて見えたが、自分にとっては、CMで描かれているような「若い男女が胸ときめかせるスキー」を実際に経験していないので、いまい…

悲しみは雪のように/浜田省吾

ドラマ「愛という名のもとに」の主題歌として1981年のオリジナルをリメイクした曲 もともとは1981年にリリースされた曲。 その後、ドラマ「愛という名のもとに」の主題歌としてリメイクされて大ヒットした作品だ。 このリメイク盤のB面には、『愛という名の…

クリスマスキャロルの頃には/稲垣潤一

稲垣潤一の27枚目のシングルドラマ「ホームワーク」の主題歌 稲垣潤一は本当に独特な歌手だと思う。 ドラムを叩きながら無表情に歌うスタイルもそうだし、ハイトーンな声と、ちょっと東北訛りのある発音も稲垣潤一ならではのものだ。 この曲がリリースされた…

世界中の誰よりきっと/中山美穂&WANDS

中山美穂にとって25枚目のシングルドラマ「誰かが彼女を愛してる」の主題歌 デュエットソングの中で、自分世代にとって一番しっくり来るのはこの曲ではないだろうか? 昭和の曲ではちょっと古めかしいし、これ以降になるとデュエットソング自体があまり見当…

色・ホワイトブレンド/中山美穂

中山美穂の4枚目のシングル資生堂「インテグレート口紅」のCM曲 それまでは、出演作の「毎度おさわがせします」などの影響もあって「ツッパリ」「ヤンキー」のイメージが強かったが、この曲でそうしたイメージが払拭された感がある。 自分の周囲に、中山美穂…