<たそがれ -Twilight->【なつかしの歌謡曲】昭和-平成ヒット・ミュージック

昭和44年生まれの筆者が、60年代~2000年代にヒットした想い出の歌謡曲をお届けするブログ

男性アイドル

ハリウッド・スキャンダル/郷ひろみ

郷ひろみの28枚目のシングル後年、中森明菜がカバーした 郷ひろみは、自分よりも少し上の世代ということもあって大ヒットした曲しか知らなかったので、この曲を知ったのはつい最近のこと。 なんとなく聴き覚えのある曲だったが、今では郷ひろみの中で一番の…

硝子の少年/KinKi Kids

KinKi Kidsのデビュー曲がミリオンセラーとなる大ヒット 自分世代がカラオケに行って、比較的近年の男性アイドルの曲を歌うとしたらこの曲を歌うことが多いのではないだろうか。 近年といっても、当時からすでに20年以上が経っているのだが…。 同じ松本隆+…

あなただけを/あおい輝彦

水戸黄門「助さん」役で知られる、元ジャニーズ・あおい輝彦の11枚目のシングル 70年代の男性アイドルとなると、自分の関心が薄かったのか、人気あるアイドルが少なかったのか、新御三家以外のアーチストがなかなか思い浮かなない。 過去のヒットチャートを…

空に太陽がある限り/にしきのあきら

前年、日本レコード大賞・最優秀新人賞を受賞したにしきのあきら3枚目のシングル 「スターにしきの」と持ち上げられて、過去の人が一躍時に人になった印象だった。 なにがキッカケだったのかと調べてみたら、92‐93年頃「とんねるずの生でダラダラいかせて!!…

モニカ/吉川晃司

自身が主演する映画『すかんぴんウォーク』の主題歌でデビュー 最近、中学時代の級友たちと久々に集まる機会があったのだが、中学生当時、何人かで銀座に映画を見にいった思い出がある。 「War Game」という洋画だったが、印象に残ったのは冒頭の予告編で流…

2億4千万の瞳/郷ひろみ

郷ひろみの50枚目のシングルで、国鉄「エキゾチック・ジャパン」のキャンペーンソング 自分がよく行くカラオケバーでもそういう人がいるが、きっとどの店にも郷ひろみのモノマネを得意とするカラオケ客がいるに違いない、 やはり今も昔も、また老いも若きも…

あの娘とスキャンダル/チェッカーズ

映画「CHECKERS IN TAN TAN たぬき」の主題歌 チェック柄の衣装や、サックスを織り込んだ音楽は、古いアメリカン・ポップスを彷彿させるが、この曲は、映画『CHECKERS IN TAN TAN たぬき』の主題歌ということで、多少アイドル路線っぽい感じの曲だ。 自分は…

歌えなかったラヴ・ソング/織田裕二

織田裕二の3枚目のシングルスズキ「セルボ」のCMソング 自分の出身高校の卒業生で最大の「大物」と言ったら、やはり織田裕二さんだ。 主演するドラマ「東京ラブストーリー」の放送開始とほぼ同時期にリリースされ、まさに絶頂期の作品といえるものだ。 この…

僕笑っちゃいます/風見慎吾

「欽ちゃんの週刊欽曜日」から生まれた風見慎吾のデビュー曲 この当時、欽ちゃんの人気はすさまじく、「欽ドン」「欽どこ」そして「欽曜日」の視聴率があわせて100%に達する勢いで、欽ちゃんは「視聴率100%男」と呼ばれたほどだ。 自分も欽ちゃん番組を楽…

湾岸スキーヤー/少年隊

「ららぽーとスキードームSSAWS」のCMソングとして制作された曲 この曲は長野オリンピックのテレビ・イメージソングだったが、もともとはその数年前に山下達郎が「スキードームSSAWS」のCMソングとして作成した曲。 そのため、出だしから「Spring, Summer, A…

100%…SOかもね!/シブがき隊

シブがき隊の2枚目のシングル日本レコード大賞・最優秀新人賞受賞曲 多くの美少年系アイドルを抱えるジャニーズ事務所だが、当時まだ子どもだった自分にとっては、最初ジャニーズアイドルは「たのきん」で、そのあとに続いたのが「シブがき隊」であった。 た…

ハイティーン・ブギ/近藤真彦

近藤真彦の7枚目のシングルマッチのシングルではじめて山下達郎が作曲 マッチの楽曲は、松本隆+筒美京平による作品が多くを占めるが、この曲は例外で山下達郎の作曲による作品だ。 作り手が変わったとしても、やはり超一流の作家による楽曲は本当にカッコイ…

YOUNG MAN (Y.M.C.A.)/西城秀樹

西城秀樹の28枚目のシングルヴィレッジ・ピープル「YMCA」のカバー曲 63歳で急逝してしまった西城秀樹。 新御三家で最も輝いていたヒデキが一番先に亡くなるとは思わなかった。 ヒデキと言えば、子どもの頃によく見たハウスバーモントカレーのCMと、大ヒット…

私鉄沿線/野口五郎

野口五郎の15枚目のシングル前作『甘い生活』に次ぐ売上を記録 自分が小学校低学年くらいまでは、男性アイドルと言えば「新御三家」の独壇場で、自分よりも少し上の学年の女子なんかは結構熱狂した世代だったのではないかと思う。 当時の自分の印象としては…

約束/渡辺徹

渡辺徹の2枚目のシングル「グリコ・アーモンドチョコレート」CMソング 今でもその面影は若干残っているが、「太陽にほえろ」にラガー刑事として登場した頃の渡辺徹は本当にカッコよかった。 その後、この曲がリリースされると大ヒット、さらにグリコ・アーモ…

哀愁でいと(NEW YORK CITY NIGHTS)/田原俊彦

原曲はレイフ・ギャレットの『NEW YORK CITY NIGHTS』 自分が小学校5年生だった頃のことは今でも朧気ながら記憶に残っている。 というのも、クラスの女子たちが急に女らしく、大人びた感じに変わっていく様子を目のあたりにしたからだ。 そんな女子たちが「…

Lui-Lui/太川陽介

近年、旅番組で再ブレイクした太川陽介の3枚目のシングル この曲が発売された当時の自分の記憶では、そんなにヒットはしなかったし、歌番組でもあまり見かけなかったように思う。 当時の歌手はジャンルにかかわらず、みんなバラエティ番組に出演してドタバタ…

よろしく哀愁/郷ひろみ

郷ひろみの10枚目のシングルで、はじめてオリコンチャート1位を獲得 「ひろみ」という名前が女っぽいのと、ちょっと変わった声質だったことから、なんだかオカマっぽい歌手だな、という印象を子どもの頃抱いていた。 自分が歳を重ねてもその印象は大きく変わ…

激しい恋/西城秀樹

「やめろと言われても」の歌詞が流行語になった、西城秀樹の9枚目のシングル 63歳で急逝してしまった西城秀樹。 自分が幼少の頃、最も輝いていた男性アイドルは、なんといっても西城秀樹だった。 ピンク・レディーが派手な振付で脚光を浴びた年代は、男性的…

仮面舞踏会/少年隊

少年隊のデビュー曲日本レコード大賞・最優秀新人賞受賞曲 紅白歌合戦で司会の加山雄三が「仮面ライダー!」と紹介して、テレビの視聴者はみなズッコケたものだった。 数々の新人賞を総ナメにしても、まだまだ馴染みが薄かったようだが、その後もヒットを連…

パラダイス銀河/光GENJI

光GENJIの3枚目のシングル1988年日本レコード大賞受賞曲 1988年のヒット曲だが、この年の光GENJIの人気はすさまじく、年間ヒットチャートのTOP3を独占する快挙を成し遂げた。 とはいうものの、自分はちょうどこの頃高校を卒業して、それまでは気になっていた…

スニーカーぶる~す/近藤真彦

ドラマ「3年B組金八先生」に出演して注目された近藤真彦の歌手デビュー曲 マッチのデビュー当時、自分は小学生5~6年生だったが、クラスの女の子たちに人気があったのはトシちゃんの方だった。 マッチが好きだという子はあまりおらず、きっとマッチの硬派で…