<たそがれ -Twilight->【なつかしの歌謡曲】昭和-平成ヒット・ミュージック

昭和44年生まれの筆者が、60年代~2000年代にヒットした想い出の歌謡曲をお届けするブログ

わたしの城下町/小柳ルミ子

小柳ルミ子のデビュー曲
日本レコード大賞・最優秀新人賞受賞曲

f:id:twilight_tasogare:20181205003321j:plain

こんなにも情感豊かな詞は、ほかにはなかなか出会えないだろう。

「格子戸」「子守歌」「城下町」といった歌詞のフレーズひとつひとつが目の前に浮かんでくるようだ。

それにメロディの良さや小柳ルミ子の初々しさもマッチしていて、これからも色あせることはないだろう。

自分がまだ幼少だったころ、同じ年代の頃にリリースされた『瀬戸の花嫁』の方が替え歌があってなじみ深かった思い出がある。

 

 格子戸をくぐりぬけ
 見あげる夕焼けの空に
 だれが歌うのか 子守唄
 わたしの城下町

 好きだとも云えずに
 歩く川のほとり
 往きかう人に
 なぜか 目をふせながら
 心は燃えてゆく

 

m.youtube.com

 

タイトル わたしの城下町
アーチスト 小柳ルミ子
作詞 安井かずみ
作曲 平尾昌晃
編曲 森岡賢一郎
リリース 1971/4/25
レコード会社 ワーナーブラザース・パイオニア
最高位 オリコン1位

 

ほかの動画も見る>

森昌子が歌う「わたしの城下町」(静止画)

www.youtube.com

 

田川寿美が歌う「わたしの城下町

www.youtube.com

 

<「デビュー曲」ほかの記事を探す>

デビュー曲 カテゴリーの記事一覧 - <たそがれ -Twilight->【なつかしの歌謡曲】昭和-平成ヒット・ミュージック

 

<関連のオススメ記事を見る>

twilight-tasogare.hatenablog.com

 

<オススメの特集記事はこちら>

twilight-tasogare.hatenablog.com