<たそがれ -Twilight->【なつかしの歌謡曲】昭和-平成ヒット・ミュージック

昭和44年生まれの筆者が、60年代~2000年代にヒットした想い出の歌謡曲をお届けするブログ

どんなときも。/槇原敬之

槇原敬之の3枚目のシングル
映画「就職戦線異状なし」の主題歌

f:id:twilight_tasogare:20190112171622j:plain

90年代になって、歌謡曲の様相も多少変化したように思うが、槇原敬之のようなアーチストや楽曲は昭和にはなかった平成時代の象徴のように自分は感じている。

思えば、特に80年代後半の男性アーチストといえばバンド系が主流でロック調やノリの良い曲ばかりがヒットしていた。

きれいなメロディに、思いのこもった歌詞、それをしっかり歌い上げる、というのが槇原敬之をはじめとする平成時代の歌謡曲であり、J-POPなのだろう。

 

 僕の背中は自分が 思うより正直かい?
 誰かに聞かなきゃ 不安になってしまうよ

 旅立つ僕の為に ちかったあの夢は
 古ぼけた教室の すみにおきざりのまま

 あの泥だらけのスニーカーじゃ
 追い越せないのは
 電車でも時間でもなく
 僕かもしれないけど

 

m.youtube.com

 

タイトル どんなときも。
アーチスト 槇原敬之
作詞 槇原敬之
作曲 槇原敬之
編曲 槇原敬之
リリース 1991/6/10
レコード会社 WEAミュージック
最高位 オリコン1位

 

 

<ほかの動画も見る>

槇原敬之とmiwaがコラボして歌う「どんなときも。」 

www.youtube.com

 

▼歌の達人・とみさんがカラオケで歌う「どんなときも。」 

www.youtube.com