<たそがれ -Twilight->【なつかしの歌謡曲】昭和-平成ヒット・ミュージック

昭和44年生まれの筆者が、60年代~2000年代にヒットした想い出の歌謡曲をお届けするブログ

くちなしの花/渡哲也

1965年に俳優デビューした渡哲也にとって最大のヒット曲

f:id:twilight_tasogare:20190316165835j:plain

石原裕次郎の亡き後、今も続く石原プロ

かつての副社長だった渡哲也は、社長の石原裕次郎とは対照的な存在として自分の目に映ったものだ。

石原裕次郎は銀罪のクラブで洒落たラブバラードをダンディに歌い、かたや渡哲也は、この曲のような哀愁味のある歌を朴訥な感じでまっすぐに歌う姿が良く似合う。

自分の知る二人は、まさに西部警察の木暮課長と大門団長のイメージだが、どちらも自分からしてみれば憧れの存在だ。

 

 いまでは指わも まわるほど
 やせてやつれた おまえのうわさ

 くちなしの花の 花のかおりが
 旅路のはてまで ついてくる

 くちなしの 白い花
 おまえのような 花だった

 

www.youtube.com

 

タイトル くちなしの花
アーチスト 渡哲也
作詞 水木かおる
作曲 遠藤実
編曲 斉藤恒夫
リリース 1973/8/21
レコード会社 ポリドール
最高位 オリコン4位

 

<ほかの動画も見る>

石原裕次郎と渡哲也がデュエットする「くちなしの花」

www.youtube.com