<たそがれ -Twilight->【なつかしの歌謡曲】昭和-平成ヒット・ミュージック

昭和44年生まれの筆者が、60年代~2000年代にヒットした想い出の歌謡曲をお届けするブログ

【特選】阿久悠のヒット曲(70年代前半)3選

白い蝶のサンバ/森山加代子 ほか

f:id:twilight_tasogare:20191002221743j:plain

1969年生まれの自分にしてみれば、阿久悠の存在はピンク・レディーのヒット曲によって知ることになったのだが、それ以前にも歌謡史に輝く名曲を残していることがわかる。

よく考えるのだが、ヒット曲というのは、詞なのかメロディなのか、それとも歌い手なのか、演奏なのか、どの要素が一番決め手になるのだろうか?

これまでなんとなく、やっぱりメロディなのかなと思ってきたが、世の中には何人ものヒットメーカーと呼ばれる作詞家がいて、その巨人たちが発する言葉に大勢の人を惹きつけるものがあったのだろう。

 

 

▼白い蝶のサンバ/森山加代子(1970年)

twilight-tasogare.hatenablog.com

 

また逢う日まで尾崎紀世彦(1971年)

twilight-tasogare.hatenablog.com

 

▼どうにもとまらない/山本リンダ(1972年)

twilight-tasogare.hatenablog.com

 

 

<「阿久悠」ほかの記事を探す>
阿久悠 カテゴリーの記事一覧 - たそがれ -Twilight-【なつかしの歌謡曲/昭和-平成ヒット・ミュージック】