<たそがれ -Twilight->【なつかしの歌謡曲】昭和-平成ヒット・ミュージック

掲載曲数800曲以上! 昭和44年生まれで現在53歳の筆者が、60年代~2000年代にヒットした歌謡曲を、筆者の想い出エピソードを添えてお届けするブログ

【2020/11/23】失恋を歌ったうた(女性編) 3選

 

Hello, Again ~昔からある場所~/MY LITTLE LOVER ほか

f:id:twilight_tasogare:20201122125824j:plain

失恋ソングは女性シンガーの曲が多いという傾向があるが、それは女性の失恋への想いが人々の共感を得るからなのだろう。

女性の失恋の心情というのは、男性からは同情やいたわりの気持ちがもたれるだろうし、女性に対しても共感や癒し、元気といった感情を植え付けることができるのかもしれない。

そのため、こうした失恋ソングはどれも女性の作詞家が女性目線で綴ったものだと思っているのだが、「Hello, Again」に関しては、実際には男性の作詞だったのをフェイクで架空の作詞家名義にしていたのだという。

やはり、売る側からしても「女性の想い」であることが重要だということなのか。


オリビアを聴きながら/杏里(1978年)

twilight-tasogare.hatenablog.com


▼あなたに会えてよかった/小泉今日子(1991年)

twilight-tasogare.hatenablog.com


▼Hello, Again ~昔からある場所~/MY LITTLE LOVER(1995年)

twilight-tasogare.hatenablog.com


<「失恋」ほかの記事を探す>

失恋 カテゴリーの記事一覧 - <たそがれ -Twilight->【なつかしの歌謡曲】昭和-平成ヒット・ミュージック