<たそがれ -Twilight->【なつかしの歌謡曲】昭和-平成ヒット・ミュージック

昭和44年生まれの筆者が、60年代~2000年代にヒットした想い出の歌謡曲をお届けするブログ

CMソング

ガラス越しに消えた夏/鈴木雅之

日清カップヌードルのCMソングラッツ&スター・鈴木雅之のソロ1st曲 シャネルズのような特異なスタイルでヒットした歌手の場合、たいてい一発で人気の勢いが急降下してしまうのが通例である。 ところが鈴木雅之にあっては、シャネルズの素行不良問題も乗り越…

【2021/9/27】秋の化粧品CMソング 5選

キッスは目にして!/ヴィーナス ほか 去年もこの時期、化粧品のCMソングをテーマにして関連する歌謡曲を取り上げているが、今回も同様に「秋の化粧品CMソング」を取り上げた。 去年も同じことを掲載しているが、こうして曲を並べてみると、70年代は男性ボー…

Park Ave.1981/epo

シンガーソングライター・epoの2枚目のシングルで、キリンレモンのCMソング 昭和56年頃にテレビをよく見ていた世代なら、この曲は絶対に聴き覚えがあるはずで、当時頻繁に放映されていた「キリンレモン」のCMソングだった曲だ。 かく言う自分も、もちろん聴…

突然/FIELD OF VIEW

FIELD OF VIEWの2枚目のシングルポカリスエットのCMソング 突然君からの手紙 あの日から途切れた君の声 今すぐ逢いに行くよ 夏が遠回りしても カセットのボリューム上げた 日曜の車は混んでいる バックミラーの自分を見て ”今度こそは意地を張らない…” www.y…

【2021/9/13】ビールのCMソング 5選

SWEET MEMORIES/松田聖子 ほか 東京では、7月半ばに緊急事態宣言が発出されて以降、なかなか事態が終息せず、繰り返し期間が延長されて今に至っている。 自分も緊急事態宣言が終了したら、外でビールでも味わいたいと思っていたのだが、この分ではまだしば…

Wake Me Up!/SPEED

SPEEDの4枚目のシングルRHOTE「Zi:リセ」のCMソング SPEEDの曲の中で一番好きな曲だ。 PV映像を見た印象もあって、この曲を聴くととても開放的で心地よい気分になれる。 SPEEDの場合、キレの良いダンスを基調にしたものや淡い恋心を歌った、ちょっと背伸び…

【Youtubeおすすめ動画】君たち キウイ・パパイア・マンゴー だね。/中原めいこ

▼曲のタイトルが斬新で、CMの映像にも目を奪われた! カネボウのCMソングとしてヒットした中原めい子が歌う「君たち キウイ・パパイア・マンゴー だね。」 www.youtube.com ▼本ブログの記事はこちら! 君たち キウイ・パパイア・マンゴー だね。/中原めいこ…

【2021/8/23】夏に飲みたい清涼飲料水のCMソング 5選

太陽にPUMP!PUMP!/EPO ほか 子どもたちにとってはもうじき夏休みが終了する時期だが、夏休みの楽しみと言ったら家族旅行や海水浴などのお出かけや、冷えたフルーツや飲み物を思う存分食べたり飲んだり、ということではないだろうか。 まだまだ外出するの…

Teenage Walk/渡辺美里

前作『My Revolution」で週間1位に輝いた渡辺美里の5枚目のシングル 前作ブレイクしたあと、その次の曲が尻つぼみになってしまうのはよくあるパターンだ。 この曲も前作が大ヒットしたあとの作品だが、さすがに前作並みとまではならなかったが、それでもトッ…

最後のサーフホリデー/杏里

『SUMMER CANDLES』のB面曲カナダドライ「ジンジャーエール」CMソング 自分が20歳になるくらいの時期に、カッコ良い音楽を放っていたのが杏里だった。 どこがカッコよかったのか思い返してみると、まずノリの良いリズムがまるでリゾート地にいるかのような雰…

アジアの純真/PUFFY

ガールズデュオ・PUFFYのデビュー曲キリン「天然育ち」のCM曲 デビュー曲を聴く限り、この新人デュオの二人はさほどヒットしないで終わるだろうなという自分の予想はまったく外れてしまった。 CM曲にも起用され、オリコンチャートでも週間3位になるなど、さ…

目を閉じておいでよ/BARBEE BOYS

BARBEE BOYSの11枚目のシングル資生堂「トレンディー」CMソング 近年では、お笑い芸人・レイザーラモンRGと椿鬼奴のものまねデュエットで注目されたこの曲だが、80年代後半のバンドブームの中にあってBARBEE BOYSはなんとなくマイナー感というか二番手感の印…

唇よ、熱く君を語れ/渡辺真知子

渡辺真知子の7作目のシングルカネボウ「LADY80口紅」のCMソング 渡辺真知子のことは、当初、自分の家から近かった洗足学園出身ということで親しみを感じていたが、デビュー曲、2曲目がヒットした以降、この曲がリリースされるまでは、記憶に残るほどのヒット…

BAN BAN BAN/KUWATA BAND

サザンオールスターズ活動休止中に結成されたKUWATA BANDの1stシングル 自分が小学生の頃からサザンの曲をテレビなどで聴いていて、どことなくコミックバンドっぽい印象を持っていたものだったが、だんだんと洗練された感じになってきて、初めて買ったアルバ…

【2021/1/25】スキーに合ううた(AlpenのCMソング) 3選

あいにきて I・NEED・YOU!/GO-BANG'S ほか 近年、コロナの影響だけでなく、スキー・スノボ人気そのものが低調気味な感もあるが、90年代、2000年代は、冬のレジャーとして絶大な人気を誇ったものである。 思い返すと、たまたま自分に縁がなかっただけなのか…

クリスマス・イブ/山下達郎

1983年の初盤リリース以降、現在でもクリスマスの時期に流れる定番ソング 今でもクリスマスソングの定番中の定番となっているこの曲は、自分世代にとっては、やはり80年代末以降のJR東海・東海道新幹線のCMソングだった記憶が強いことだろう。 その当時は、…

ともだち/中村あゆみ

中村あゆみの12枚目のシングルカナダドライ「ジンジャーエール」のCM曲 自分も含めて、中村あゆみを「一発屋」と見る向きもあるが、実は『翼の折れたエンジェル』以降にも何曲かのヒット曲があり、そのひとつがこの曲である。 当時、「ジンジャーエール」のC…

愛が止まらない/西城秀樹

Winkのヒット曲をカバーした西城秀樹の72枚目のシング 昭和の大スターだった西城秀樹が生涯、生前にリリースしたシングル曲は、資料によると全部で87枚で、この曲は自身が40歳の時のもので72枚目にあたる作品だ。 ノエビア化粧品のCMソングとして企画された…

【2020/10/19】カップヌードルCMソング 3選

翼の折れたエンジェル/中村あゆみ ほか 自分が子どもの頃、インスタントラーメンは袋めんが主流でカップラーメンはまだそこまで普及していなかったように記憶している。 まだコンビニもなかった時代だから、そもそも売る店もなかったこともあるだろうし、イ…

君は天然色/大滝詠一

70年代ニューミュージック・バンド「はっぴいえんど」の一員だった大滝詠一の代表曲 多くの人もそうだと思うが、自分にとっても大滝詠一は謎めいたミュージシャンだ。 この曲の制作クレジットを見てもわかるように、シンガーとしては「大滝詠一」、作曲は「…

そして僕は途方に暮れる/大沢誉志幸

日清カップヌードルのCM曲に起用されてヒットした大沢誉志幸の5枚目のシングル CM効果という意味では、これほど自分にとって印象に残っているCMソングも珍しい、 いまだにこの曲を聴くと、極寒の地で、熱々の湯気が立ったカップヌードルを食べる人々の姿を連…

リヴィン・オン・ア・プレイヤー/ボン・ジョヴィ

カセットテープのCMにも起用されて大ヒットしたハードロック・ナンバー ちょうど同じ頃にヒットしたバナナラマの「ヴィーナス」と曲の出だしが酷似していると思った人は多いのではないだろうか? 最初の節のところで、どっちか?と思わせて、次の節で、ああ…

夏の思い出/ケツメイシ

ケツメイシの7枚目のシングルボーダフォンのCMソング 夏はこういう風にして楽しく過ごした、という願望を絵にかいたような一曲だ。 自分にはこんな夏を過ごした経験はまったくないのだが、どれほどの人がこんな夏を送った経験があるのか気になるところだ。 …

め組のひと/ラッツ&スター

「シャネルズ」から心機一転、改名した『ラッツ&スター』の1stシングルが大ヒット デビュー曲の「ランナウェイ」が大ヒットして、その後もヒットを連発したシャネルズが不祥事で活動停止になったことは今でもなんとなく覚えているが、間もなくグループ名を変…

日付変更線/中村雅俊

中村雅俊の23枚目のシングルドラマ「誇りの報酬」主題歌 あまりヒットしなかった曲ではあるが、自分にとってリアルタイムで聞いた中村雅俊の曲の中では特に印象に残っている。 いつの時代もそうかもしれないが、80年代もご多聞に漏れずテレビドラマでは刑事…

【ニュースな1曲(2020/7/16)】Choo Choo TRAIN/ZOO

Choo Choo TRAIN/ZOO (1991年) twilight-tasogare.hatenablog.com ---------------------------------------------------------------------------「EXILE」ATSUSHI 10年ぶり丸刈りに!40歳、11・4新ソロアルバム発売「原点回帰」-----------------------…

ハッとして!Good/田原俊彦

グリコ「アーモンドチョコレート」のCM曲日本レコード大賞・最優秀新人賞受賞曲 デビュー曲の『哀愁でいと』も鮮烈だったが、明るく軽快なこの曲のほうが、デビュー当初のトシちゃんの曲としては印象深い、という人も多いのではないだろうか。 自分もそのク…

青空のかけら/斉藤由貴

斉藤由貴にとって唯一のオリコン1位獲得となった7枚目のシングル 斉藤由貴には、『卒業』や『情熱』のような名曲と言える曲がいくつももあったが、どれも週間ランキング1位を獲得するに至らず、実はこの曲で初めて1位を獲得したのだそう。 女性アイドル界で…

私の夏/森高千里

森高千里の18枚目のシングル'93全日空沖縄キャンペーンソング 自分は森高が割とメジャーな存在になってからようやく聴き始めたクチである。 その自分さえもが、森高もすっかりメジャーになってしまったなと感じるようになってからは、ヘンに狙った曲が多くな…

TOGETHER/小比類巻かほる

小比類巻かほるの11枚目のシングルTDK・カセットテープのCM曲 イントロ、出だし、サビ、どこをとってもスキのないクオリティだし、小比類巻かほるの洋楽並みの歌唱も、イイ女っぽい振る舞いや衣装も、どれをとってもサマになっていてカッコイイ。 この曲はカ…