<たそがれ -Twilight->【なつかしの歌謡曲】昭和-平成ヒット・ミュージック

昭和歌謡・J-POPに興味のある方におススメ! 掲載曲数1000曲以上! 特選記事は400記事以上!! 昭和44年生まれ、現在54歳の筆者が、60年代~2000年代にヒットした歌謡曲を、筆者の感想や私的な想い出エピソードとおすすめのYouTube動画を添えてお届けするブログ

CMソング

瞳そらさないで/DEEN

DEENのミリオンヒット・シングルポカリスエットのCMソング いつも この時間は家に居たのに… 最近君は 留守がちだね やっと出た電話の声も 以前までと違う 感じが変わったよ まだ 君の中に 僕がどれくらい居るのか 確かめてみたいんだ look in your eyes 瞳そ…

いまのキミはピカピカに光って/斉藤哲夫

宮崎美子が出演して話題騒然となったミノルタ一眼レフカメラ「X-7」のCMソング この曲はCMソング界において世間に最も影響を与えた曲として語り継がれている。 自分は小学校の高学年くらいの年齢だったが、この曲が使われたCMによって世の中がざわついている…

Only You 君と夏の日を/TUBE

TUBEの23枚目のシングルサッポロビール「夏の海岸物語」CMソング 色とりどりの love & story 揺れてる 夏の海岸通りを drivin' 気分も 太陽に焼かれて素直に good vibration 出逢ったばかりの僕達だけど 何より信じたい 瞳と瞳の feelin' 誰より愛しいよ 涙…

CIRCUIT of RAINBOW/杏里

アルバムのタイトルでもある爽快な一曲昭和シェル石油・XカードのCMソング 自分が初めて杏里のアルバムを買ったのは「CIRCUIT of RAINBOW」だった。 アルバムタイトルと同名のこの曲は、アルバム冒頭の短いインストゥルメンタル曲に続いて颯爽と始まっていく…

【2024/4/22】GWは旅行に行こう! 70年代、80年代の航空会社のCMソング 5選

夢想花/円広志 ほか まもなくGWということで、どこかに旅行に行こうと計画している方も多いのではないだろうか? 今年は10連休という会社も多いのではないだろうか? 夏休みの場合はお盆を外してフレキシブルに休暇を取ることが多くなっている昨今だが、い…

風曜日、君をつれて/ALFEE

ALFEEの22枚目のシングル’86 全日空 夏の沖縄キャンペーン・ソング 傷ついた小鳥のように悲しい瞳で "二人は大丈夫ね" と君はつぶやいた 春の風のやさしさと 夏の太陽の激しさで 君をこの手で強く抱きしめたい めぐり来る季節は きっと若さをいつしか 永遠の…

スウィート・ソウル・レヴュー/ピチカート・ファイヴ

小西康陽と野宮真貴のユニット、ピチカート・ファイヴの4作目のシングル 自分がピチカート・ファイヴを初めて聴いたのは、1995年発売のベスト盤CDだ。 『スウィート・ソウル・レヴュー』の発売より少し時間が経ってからということになるが、当時知られざるフ…

シンデレラ サマー/石川優子

石川優子の7枚目のシングルJAL沖縄 '81CMソング 今南の島には マリンブルーの微風 太陽の光乗せて 戸惑うふたり くすぐるの ほら 渚の少年が 灼けた肌を 踊らせて 笑いながら手招きする 小さなボートが揺れるわ 誘われて Tropical Dreamin' はじけるの Tropi…

【2024/3/25】春の化粧品CMソング 5選(1980年代前半編)

春咲小紅/矢野顕子 ほか このブログでは季節に応じた特集記事を掲載していて、ちょうど一年前はどうだったかなと振り返ることができるのが楽しみのひとつというのが自己アピールなのだが、まさに一年前、同じく春の化粧品ソングの記事を掲載していたのであ…

I'm proud/華原朋美

華原朋美の3枚目のシングルTBC「the レディ・エステティック」のCMソング Lonely くじけそうな姿 窓に映して あてもなく歩いた 人知れずため息つく I'm proud 壊れそうで崩れそな情熱を つなぎとめる何か いつも捜し続けてた どうしてあんなに夢が 素直に見…

青いスタスィオン/河合その子

自身が出演する森永「Hi-SOFT」のCM曲となった河合その子の3枚目のシングル 「夕やけニャンニャン」開始から半年ほどが経ち、おニャン子クラブやソロメンバーの各曲もひと通りリリースされた時期に登場した曲だ。 おニャン子発足の当初から、ひとりだけ別格…

ありがとう/井上陽水奥田民生

ビートルズ・サウンドをオマージュしたイントロが特徴的な陽水&民生のタッグ作品 ありがとう ありがとう 感謝しよう 微笑んでくれて どうも ありがとう プレゼントくれて どうも ありがとう 楽しんでくれて どうも ありがとう 手を振ってくれて いつも あり…

くちびるヌード/高見知佳

元祖・バラドル、高見知佳が歌った’84資生堂春のキャンペーンソング 今でこそバラドルと呼ばれる女性アイドルは珍しくないが、高見知佳こそがバラドルのパイオニアであるということはよく言われる話だ。 80年代初頭の頃だったと思うが、大物司会者にも臆する…

ジュリアン/プリンセス プリンセス

プリンセス プリンセス10枚目のシングルシチズン腕時計「ライトハウス」CMソング ジュリアン あなたの笑顔は日ごとにそっと にじんでゆくのに あいたさはただつのるばかりで ジュリアン せめて夢の中 姿を見せて あなたのことだけで 心があふれてしまいそう …

函館の女/北島三郎

北海道出身、北島三郎のヒット曲永谷園お茶づけのCMソングでお馴染み はるばるきたぜ 函館へ さか巻く波を のりこえて あとは追うなと 云いながら うしろ姿で 泣いてた君を おもいだすたび 逢いたくて とてもがまんが できなかったよ www.youtube.com タイト…

シンデレラ・エクスプレス/松任谷由実

アルバム『DA・DI・DA』の収録曲JR・東海道新幹線のCMソング ガラスに浮かんだ街の灯に 溶けてついてゆきたい ため息ついてドアが閉まる 何も云わなくていい 力を下さい 距離に負けぬよう シンデレラ 今 魔法が 消えるように列車出てくけど ガラスの靴 片方 …

ノーブルレッドの瞬間/国生さゆり

国生さゆりの3枚目のシングルカネボウ秋のキャンペーンイメージソング 勢いがあった頃のおニャン子のエース格、国生さゆりの曲で、カネボウのCMソングにも起用された、まさに鉄板のヒット曲である。 その結果、オリコン1位という、自身の代表曲である『バレ…

【2023/10/2】秋の化粧品CMソング 5選

セクシャルバイオレットNo.1/桑名正博 ほか 2年前から同じタイトルの特集記事を書いており、もはや選曲も目新しいものは含まれていないのだが、今回は当ブログで人気の高いものを5曲取り上げることにした。 どの曲も自分が小学生から浪人生だった頃に出てき…

黄砂に吹かれて/工藤静香

工藤静香通算8枚目のシングルカセットテープ「That's」のCMソング 黄砂に吹かれて きこえる歌は 忘れたくて 忘れた なくしたくて なくした つらい恋の歌 眠りを破って きこえる歌は わかってるつもりの 紛らせてる つもりの ひとつだけの歌 もう蜃気楼なのか…

心の愛/スティービー・ワンダー

『ウーマン・イン・レッド」主題歌、『I JUST CALLED TO SAY I LOVE YOU』 米ポップス界の大御所といった感のあるスティービー・ワンダーだが、ちょうど自分が中高生だった頃、この曲や『パートタイム・ラバー』が流行っていて、よく聞いたものである。 思い…

だいすき/岡村靖幸

エキセントリックな鬼才アーチスト・岡村靖幸の8枚目のシングル 今、岡村靖幸のことが好きだとはなかなか言いづらい状況になってしまっているが、自分が大学生だった1990年前後は、CDを出せば即ヒットするくらいの人気だったように思う。 とはいうものの、か…

【2023/7/31】夏の化粧品CMソング 5選

C-Girl/浅香唯 ほか 今年の夏は去年の夏とは違って、外に出て夏を満喫しようという人たちがきっと大勢いることだろう。 といっても去年の夏がどうだったか、自分が何をしていたかほとんど記憶にないのが実情ではあるが、すでに今年の夏は、行楽地やイベント…

マイ セレナーデ/平松愛理

平松愛理の9枚目のシングルトヨタカローラ「セレス」CMソング Oh, Let's say Oh, Let's say Let's say Lesson すべてはあなたに 出逢うため重ねた Oh, Let's say Oh, Let's say Let's say Lesson セレナーデ セレモニーになる 人って幸福すぎると 涙したくな…

愛のセレブレイション/ピーボ・ブライソン&ロバータ・フラック

CMでお馴染みのロバータ・フラックがピーボ・ブライソンとデュエットするラブソング Tonight I celebrate my love for you It seems the natural thing to do Tonight no one's gonna find us We'll leave the world behind us When I make love to you Toni…

GET DOWN, GET DOWN, GET DOWN/ICE

宮内和之と国岡真由美のユニット、ICEの7枚目のシングル 若手社会人だった20代後半、一番よく聴いたCDは、この曲が収録された『We're in the Mood』というアルバムだった。 「銀座ジュエリーマキ」のCMソングとして耳にして知った曲だったが、ドライで都会的…

明日へ/広末涼子

広末涼子の6枚目のシングル自身が出演する「さくら銀行」のCMソング 負けないように 輝けるように 走り続けたい 明日へ 「またね」と手を振る君が小さくなってゆく 信号が青に変わる 私も歩き出す カバンに詰め込んだ夢と思い出たち これから始まってく 新し…

素敵にシンデレラ・コンプレックス/郷ひろみ

郷ひろみの47枚目のシングル元オフコース・鈴木康博作曲による作品 特段郷ひろみファンだったわけではない自分にとっても聴き覚えのあるサビの曲だ。 当時トヨタ・カローラのCMソングとして頻繁にテレビで流されていたからなのだと思う。 自分が大学生になっ…

【特選】80年代のテレビ番組やCMをテーマ曲として彩ったEPOのヒット曲 5選

Park Ave.1981/epo ほか そう言ってはなんだが、EPOのことが大好き、という人は実際少数派ではないかと思う。 その一方、女性アイドル全盛だった80年代の歌謡界にあって、独自のポジションを築いて、長い間、存在感を放ち続けてきたという意味でとても貴重…

ソー・マッチ・イン・ラヴ/ティモシー・シュミット

アイドル女優・フィービー・ケイツ主演の映画『初体験/リッジモント・ハイ』の劇中歌 この曲が使われたテレビCMを覚えている人は結構多いのではないだろうか? 自分も朧気ながらではあるが、確かラジカセのCMだったという記憶があり、当時の中学生にとっては…

【2023/4/17】腕元のおしゃれを演出する腕時計のCMソング 5選

Wake Up/財津和夫 ほか 野球WRCでも大活躍だった大谷翔平選手がセイコーの宣伝キャラクターを務めるなど、ずっと以前から腕時計のテレビCMは、大物タレントや大ヒット曲が起用されるなどCM界の中でも華やかなジャンルである。 時計というと日本が世界に誇る…