<たそがれ -Twilight->【なつかしの歌謡曲】昭和-平成ヒット・ミュージック

昭和44年生まれの筆者が、60年代~2000年代にヒットした想い出の歌謡曲をお届けするブログ

レット・イット・ビー/ビートルズ

ドキュメンタリー映画「レット・イット・ビー」の主題歌でビートルズ最後のシングル曲

f:id:twilight_tasogare:20190302162521j:plain

4学年上の姉がいた影響でビートルズを聞くようになったが、本格的に聴くようになったのは中学生になってからだ。

それ以降、ビートルズのアルバムを買い集めることになるのだが、「アビー・ロード」、「レット・イット・ビー」の順に後期の名盤から無計画に買い求めていったものだ。

アルバムに収録された「レット・イット・ビー」は、これまで聴いていたシングル盤の演奏とはアレンジが違っていて、自分はシングル盤の方が好きだったのでちょっと残念だった。

 

 When I find me self in times of troubles.
 Mother Mary comes to me.
 Speaking words of wisdom,
 let it be.

 And in my hour of darkness.
 She standing right in front of me.
 Speaking words of wisdom,
 let it be.

 

www.youtube.com

 

タイトル レット・イット・ビー
アーチスト ビートルズ
作詞  
作曲  
編曲  
リリース 1970/6/5
レコード会社 東芝音楽工業
最高位 オリコン2位

 

<ほかの動画も見る>

ポール・マッカートニーが亡きメンバーの映像をバックに歌う「レット・イット・ビー」

www.youtube.com

 

ビリー・プレストンが歌う「レット・イット・ビー」

www.youtube.com

 

レイ・チャールズが歌う「レット・イット・ビー」

www.youtube.com