<たそがれ -Twilight->【なつかしの歌謡曲】昭和-平成ヒット・ミュージック

昭和44年生まれの筆者が、60年代~2000年代にヒットした想い出の歌謡曲をお届けするブログ

コパカバーナ/バリー・マニロウ

ブラジル・リオデジャネイロコパカバーナ海岸をタイトルにしたノリの良いポップス 

f:id:twilight_tasogare:20200524020311j:plain

自分がカラオケで歌う洋楽ソングで、一番回数が多い曲はこの曲だろうと思う。

ノリが良いし、洋楽に詳しくない人でもなんとなく聞いたことがあるだろうし、一番は何と言っても歌いやすい、英語の歌詞が歌いやすい、というのがこの曲が好きなポイントだ。

カラオケで歌う際、カタカナの文字を追うのに必死で歌詞の意味を気にしたことがなかったのだが、実は南米の街での恋と暴力、恐怖や絶望を描いた悲劇的な内容なのである。

曲の途中、「キャー」という金属音がするのだが、それが恐怖の叫び声だと分かった。

 

 Her name was Lola
 She was a showgirl
 With yellow feathers in her hair
 And a dress cut down to there

 She would merengue
 And do the cha-cha
 And while she tried to be a star
 Tony always tended bar
 Across the crowded floor

 

www.youtube.com

 

タイトル コパカバーナ
アーチスト バリー・マニロウ
作詞  
作曲  
編曲  
リリース 1978年
レコード会社 東芝EMI
最高位  

 

 

<ほかの動画も見る>

バリー・マニロウが歌う「コパカバーナ」Remix版

www.youtube.com

 

キャメロン・ディアスが出演するソフトバンクのCMソング「コパカバーナ

www.youtube.com

 

西城秀樹が日本語歌詞で歌う「コパカバーナ

www.youtube.com

 

 

<「洋楽」ほかの記事を探す>

洋楽 カテゴリーの記事一覧 - 【たそがれ -Twilight-】なつかしの歌謡曲/昭和-平成ヒットソング

 

 

<関連のオススメ記事を見る>

twilight-tasogare.hatenablog.com