<たそがれ -Twilight->【なつかしの歌謡曲】昭和-平成ヒット・ミュージック

昭和44年生まれの筆者が、60年代~2000年代にヒットした想い出の歌謡曲をお届けするブログ

SUMMER EYES/菊池桃子

映画「パンツの穴」でデビューした菊池桃子の2枚目のシングル

f:id:twilight_tasogare:20190414205752j:plain

自分の名前が冠された雑誌「Momoco」が発刊されたり、映画「パンツの穴」でいきなり主演を務めるなど、菊池桃子デビュー時の扱いはかなりのVIP待遇だ。

その後、通算7作ものオリコン1位となる作品を送り出した80年代の大物アイドルだ。

今では、芸能活動はもとより、労働問題を専門とする大学教授として活動していることは世間によく知られるところである。

このまま自民政権が続けば、いずれ厚労大臣に抜擢されるのではと注目している。

 

 コテージの窓から広がる
 コバルトのリーフが光れば
 陽に灼けた横顔ためらい
 少しうつむいて 少年みたいね

 私ひとり 街へ帰る
 海風 聞かせて

 君のせいじゃない 言い出せなかった
 私がいけないだけよ

 

www.youtube.com

 

タイトル SUMMER EYES
アーチスト 菊池桃子
作詞 秋元康
作曲 林哲司
編曲 林哲司
リリース 1984/7/10
レコード会社 バップ
最高位 オリコン7位