<たそがれ -Twilight->【なつかしの歌謡曲】昭和-平成ヒット・ミュージック

昭和44年生まれの筆者が、60年代~2000年代にヒットした想い出の歌謡曲をお届けするブログ

卒業-GRADUATION-/菊池桃子

菊池桃子の4枚目のシングルで自身最大のヒット曲

f:id:twilight_tasogare:20190217193921j:plain

1985年、奇しくもこの年「卒業」というタイトルの曲がこの曲を含め4曲もリリースされてたのだが、結果、セールス的には約40万枚を売り上げランキング1位も獲得した菊池桃子に軍配が上がっている。

80年代、様々な女性アイドルが登場したが、ランキング1位を何度も獲得した歌手は実はほとんどいない。

そのひとりが菊池桃子というわけで、地味な佇まいなのに、聖子・明菜に次ぐほどのセールスを記録していたとは意外だ。

 

 緑の木々のすき間から
 春の陽射しこぼれて
 少し眩しい並木道
 手を繋いで歩いた

 あの人と私は 帰る時はいつでも
 遠廻りしながら ポプラを数えた

 4月になるとここへ来て
 卒業写真めくるのよ
 あれほど誰かを 愛せやしないと

  

www.youtube.com

 

タイトル 卒業-GRADUATION-
アーチスト 菊池桃子
作詞 秋元康
作曲 林哲司
編曲 林哲司
リリース 1985/2/27
レコード会社 バップ
最高位 オリコン1位