<たそがれ -Twilight->【なつかしの歌謡曲】昭和-平成ヒット・ミュージック

昭和44年生まれの筆者が、60年代~2000年代にヒットした想い出の歌謡曲をお届けするブログ

真夏の出来事/平山三紀

平山三紀の2枚目のシングル
デビュー曲は『ビューティフル・ヨコハマ』

f:id:twilight_tasogare:20190101174354j:plain

暑い夏の日は一歩も外に出たくない、という気分になるものだが、今も昔も「夏」と言えばちょっと解放的な気分になって、なにか刺激的なことが起こりそう、という期待感が高まる季節だ。

自分はこの曲をリアルタイムで聞いたことがないのでわからないのだが、ヒット当時、この曲はどのように受け止められたのだろうか?

独特なけだるいボーカルで、夏なのに溌溂としていない感じを受けてしまうのだが、これが当時の夏らしいイメージだったのか?

 

 彼の車にのって
 真夏の夜を走りつづけた
 彼の車にのって
 さいはての町 私は着いた

 悲しい出来事が 起らないように
 祈りの気持をこめて 見つめあう二人を

 朝の冷たい海は 鏡のようにうつしていた
 朝の冷たい海は 恋の終りを知っていた

 

www.youtube.com

 

タイトル 真夏の出来事
アーチスト 平山三紀
作詞 橋本淳
作曲 筒美京平
編曲  
リリース 1971/5/25
レコード会社 日本コロムビア
最高位 オリコン5位

 

<ほかの動画も見る>

日本レコード大賞で平山三紀が歌う「真夏の出来事」

www.youtube.com

 

▼2019年、平山三紀がテレビ番組でお茶目に歌う「真夏の出来事」

www.youtube.com