<たそがれ -Twilight->【なつかしの歌謡曲】昭和-平成ヒット・ミュージック

昭和44年生まれの筆者が、60年代~2000年代にヒットした想い出の歌謡曲をお届けするブログ

夢追い酒/渥美二郎

かつて北千住で流しの歌手だった渥美二郎の5枚目のシングル

f:id:twilight_tasogare:20190629101311j:plain

何年かに一度、実家の家族が集まってカラオケをする機会があるのだが、だいぶ高齢になった自分の父親がよく歌うのがこの曲だ。

もう40年も前の曲ではあるが、やはり若い頃に好んだ曲というのは歳をとっても愛着が失われることがないのだろう。

家庭でカラオケが流行ったのは、きっとこの曲が流行した頃ではなかっただろうか?

自宅の小さな居間で家族でかわるがわるマイクを持って歌ったことも自分にとって失われることない記憶だ。

 

 悲しさまぎらす この酒を
 誰が名付けた 夢追い酒と

 あなたなぜなぜ わたしを捨てた
 みんなあげてつくした その果てに
 夜の酒場で ひとり泣く

 死ぬまで一緒と信じてた
 わたし馬鹿です 馬鹿でした

 

www.youtube.com

 

タイトル 夢追い酒
アーチスト 渥美二郎
作詞 星野栄一
作曲 遠藤実
編曲 只野通泰
リリース 1978/2/25
レコード会社 CBSソニー
最高位 オリコン2位

 

<「1978年」ほかの記事を探す>

1978年 カテゴリーの記事一覧 - たそがれ -Twilight-【なつかしの歌謡曲/昭和-平成ヒット・ミュージック】