<たそがれ -Twilight->【なつかしの歌謡曲】昭和-平成ヒット・ミュージック

昭和44年生まれの筆者が、60年代~2000年代にヒットした想い出の歌謡曲をお届けするブログ

【特選】阿久悠(作詞)のヒット曲(80年代) 5選

  

時代おくれ/河島英五 ほか

f:id:twilight_tasogare:20210807080411j:plain

昭和歌謡の巨人と呼ばれた阿久悠の絶頂期はやはり70年代だったのだろう、80年代になると阿久悠の作詞の斬新さはあまり聞き手に響かなかったようだ。

自分の印象ではあるが、80年代は歌詞よりもメロディが重視され、尚且つアーチスト自身が作詞・作曲を手掛けることが「ホンモノ」とされた風潮があったように思う。

また、男女アイドルにとっても、70年代的な阿久悠の歌詞の世界は古くさく映ったのかもしれない。

しかし、80年代にヒットした阿久悠作品には、「ならでは」の味わいが備わったものが多くて、80年代もやはり昭和なんだと感じさせられる。


雨の慕情/八代亜紀(1980年)>

八代亜紀の30枚目のシングル
1980年日本レコード大賞受賞曲

twilight-tasogare.hatenablog.com

 

www.youtube.com

 

もしもピアノが弾けたなら/西田敏行(1981年)>

自身主演のドラマ「池中玄太 80キロ」の主題歌

twilight-tasogare.hatenablog.com

 

www.youtube.com


色つきの女でいてくれよ/ザ・タイガース(1982年)>

1971年に解散したタイガースが「同窓会」としてリリースしたシングル

twilight-tasogare.hatenablog.com

 

www.youtube.com


熱き心に小林旭(1985年)>

阿久悠大瀧詠一による歌謡曲の名曲
「AGF・マキシム」のCMソング

twilight-tasogare.hatenablog.com

 

www.youtube.com


時代おくれ/河島英五(1986年)>

「ハクツル生酒」のCMソング
1986年日本有線大賞 ・特別賞を受賞

twilight-tasogare.hatenablog.com

 

www.youtube.com


<「阿久悠」ほかの記事を探す>

阿久悠 カテゴリーの記事一覧 - <たそがれ -Twilight->【なつかしの歌謡曲】昭和-平成ヒット・ミュージック