たそがれ -Twilight-【なつかしの歌謡曲/昭和-平成ヒット・ミュージック】

昭和44年生まれの筆者が、60年代~2000年代にヒットした思い出の歌謡曲を選んだブログ

飛んでイスタンブール/庄野真代

庄野真代の5枚目のシングル
海外旅行ブームが沸き起こる

f:id:twilight_tasogare:20190506020757j:plain

海外旅行が活発になってきた年代なのだろう、やはりこの年開港した成田空港の存在が大きいのではないか?

それを見越して作られた曲かもしれない。

それにしても、ハワイでもパリでもなく、イスタンブールというのが、なかなか洒落ている。

大抵の場合、一体そこはどこなんだ?ということになるだろう。

かなり大きな話題になったはずだが、子ども心になんとなく覚えているのは、反体制派のニュースの方が印象深い。

 

 いつか忘れていった こんなジタンの空箱
 ひねりすてるだけで あきらめきれるひと

 そうよ みんなと同じ
 ただのものめずらしさで
 あの日しゃれたグラス
 目の前にすべらせてくれただけ…

 おいでイスタンブール うらまないのがルール
 だから愛したことも ひと踊り風の藻屑

 

m.youtube.com

 

タイトル 飛んでイスタンブール
アーチスト 庄野真代
作詞 ちあき哲也
作曲 筒美京平
編曲 船山基紀
リリース 1978/4/1
レコード会社 日本コロムビア
最高位 オリコン3位