<たそがれ -Twilight->【なつかしの歌謡曲】昭和-平成ヒット・ミュージック

昭和44年生まれの筆者が、60年代~2000年代にヒットした想い出の歌謡曲をお届けするブログ

夢想花/円広志

世界歌謡祭でグランプリを獲得した円広志のデビュー曲

f:id:twilight_tasogare:20200922203739j:plain

単純な歌詞のフレーズをこれでもかと繰り返す、かなり思い切った作品なので、リリース前にはきっと反対意見も多かったことだろう。

だが結果的には大ヒットし、一種の流行語にようになったほどだった。

なにごとも、徹底してやれば成功する、という良い事例のようにも思えるが、たいした意味のないフレーズをここまで繰り返したのはどういう意味があったのかが気になるところだ。

やはり奇をてらった曲と言うのは、一発屋で終わってしまうというのも世の常だ。

 

 忘れてしまいたいことが
 今の私には多すぎる
 私の記憶の中には 笑い顔は遠い昔
 いつの日にか あなたがくれた野の花が
 ノートにありました
 そして私は蝶になり 夢の中へとんでゆくわ

 とんで とんで とんで とんで とんで
 とんで とんで とんで とんで
 まわって まわって まわって まわる

 

www.youtube.com

 

タイトル 夢想花
アーチスト 円広志
作詞 円広志
作曲 円広志
編曲 船山基紀
リリース 1978/11/21
レコード会社 キャニオン・レコード
最高位 オリコン4位

 

ほかの動画も見る>

円広志が懐メロ番組のステージで歌う「夢想花

www.youtube.com

 

▼66歳の円広志が当時と変わらない高音キーで歌う「夢想花

www.youtube.com

 

▼サンデーズが歌う「夢想花

www.youtube.com

 

<「デビュー曲」ほかの記事を探す>

デビュー曲 カテゴリーの記事一覧 - <たそがれ -Twilight->【なつかしの歌謡曲】昭和-平成ヒット・ミュージック

 

<関連のオススメ記事を見る>

twilight-tasogare.hatenablog.com