<たそがれ -Twilight->【なつかしの歌謡曲】昭和-平成ヒット・ミュージック

昭和44年生まれの筆者が、60年代~2000年代にヒットした想い出の歌謡曲をお届けするブログ

クリスマスキャロルの頃には/稲垣潤一

稲垣潤一の27枚目のシングル
ドラマ「ホームワーク」の主題歌

f:id:twilight_tasogare:20181215105402j:plain

稲垣潤一は本当に独特な歌手だと思う。

ドラムを叩きながら無表情に歌うスタイルもそうだし、ハイトーンな声と、ちょっと東北訛りのある発音も稲垣潤一ならではのものだ。

この曲がリリースされた当時、稲垣潤一は39歳、ということで、中年世代がカラオケで歌うにはもってこいの曲と言えるだろう。

それもクリスマスシーズンにおすすめの曲だが、特徴であるハイトーンボイスと微妙な東北訛りを再現できるかどうかがそれっぽく歌うポイントだ。

 

 クリスマスキャロルが 流れる頃には
 君と僕の答えも きっと 出ているだろう
 クリスマスキャロルが 流れる頃には
 誰を愛してるのか 今は見えなくても

 この手を 少し 伸ばせば 届いていたのに
 1mm 何か 足りない 愛のすれ違い

 お互いをわかりすぎていて
 心がよそ見できないのさ

 

www.youtube.com

  

タイトル クリスマスキャロルの頃には
アーチスト 稲垣潤一
作詞 秋元康
作曲 三井誠
編曲 清水信之
リリース 1992/10/28
レコード会社 ファンハウス
最高位 オリコン1位

 

ほかの動画も見る>

▼ドラマ「ホームワーク」の主題歌「クリスマスキャロルの頃には

www.youtube.com

 

▼「冬」のアーチスト同士! 広瀬香美稲垣潤一がコラボして歌う「クリスマスキャロルの頃には

www.youtube.com

 

後藤真希がクリスマスイベントでバラード調で歌う「クリスマスキャロルの頃には

www.youtube.com

 

▼TE2さんがカラオケで歌う「クリスマスキャロルの頃には

www.youtube.com

 

<「クリスマス」ほかの記事を探す>

クリスマス カテゴリーの記事一覧 - <たそがれ -Twilight->【なつかしの歌謡曲】昭和-平成ヒット・ミュージック

 

<関連のオススメ記事を見る>

twilight-tasogare.hatenablog.com