<たそがれ -Twilight->【なつかしの歌謡曲】昭和-平成ヒット・ミュージック

昭和44年生まれの筆者が、60年代~2000年代にヒットした想い出の歌謡曲をお届けするブログ

ひだまりの詩/Le Couple

Le Coupleの5枚目のシングル
ドラマ「ひとつ屋根の下2」の挿入歌 

f:id:twilight_tasogare:20201129192433j:plain

Le Couple=夫婦」という名の夫婦ユニットが、アコースティックなラブソングを奏でる音楽は心温まるものだが、その後離婚したということを知ってなんとも切ない思いがする。

70年代前後に「トワ・エ・モワ」というよく似た雰囲気のユニットがあったが、当時非常に仲が悪かったという話を後年聞いて、やはりそういうものなんだなと妙に納得してしまう。

それにしてもドラマ挿入歌に抜擢され、ほぼ無名だった存在がいきなりミリオン歌手になる、というのも90年代ならではである。

 

 逢えなくなって どれくらいたつのでしょう
 出した手紙も 今朝ポストに舞い戻った
 窓辺に揺れる 目を覚ました若葉のよに
 長い冬を越え 今ごろ気づくなんて

 どんなに言葉にしても足りないくらい
 あなた愛してくれた
 すべて包んでくれた
 まるで ひだまりでした

 

www.youtube.com

 

タイトル ひだまりの詩
アーチスト Le Couple
作詞 水野幸代
作曲 日向敏文
編曲 日向敏文
リリース 1997/5/16
レコード会社 ポニーキャニオン
最高位 オリコン2位

 

ほかの動画も見る>

▼オーケストラとフォークギターの伴奏でLe Coupleが歌う「ひだまりの詩」

www.youtube.com

 

▼元・Le Couple藤田恵美が歌う「ひだまりの詩」

www.youtube.com

 

岡本真夜が狩人の伴奏&コーラスをバックに歌う「ひだまりの詩」

www.youtube.com

 

<「ラブソング」ほかの記事を探す>

ラブソング カテゴリーの記事一覧 - <たそがれ -Twilight->【なつかしの歌謡曲】昭和-平成ヒット・ミュージック