<たそがれ -Twilight->【なつかしの歌謡曲】昭和-平成ヒット・ミュージック

掲載曲数900曲以上! 昭和44年生まれ、現在53歳の筆者が、60年代~2000年代にヒットした歌謡曲を、筆者の感想や私的な想い出エピソードを添えてお届けするブログ

ライブが似合う

【2022/11/7】学園祭でロックバンドが歌ううた 5選

フレンズ/レベッカ ほか 自分が大学生なったのは一浪を経て1989年のことだが、この頃の歌謡界ではバンドブームが到来していて、猫も杓子もバンドバンドという感じだった。 自分の印象としては、ロックバンドが学園祭に登用されたのは、その少し前くらいの年…

【2022/10/31】学園祭の女王が歌ううた 5選

GET SMILE/森高千里 ほか 通常であればこの時期は大学や高校の学園祭・文化祭が行なわれる頃なのだが、今年は感染拡大の規制が多少弱まってきているので、昨年・一昨年に比べると活況になるのではないだろうか? 自分自身、これまでを振り返ってみると、実…

Chance!/白井貴子

女性ロック・シンガーの草分け、白井貴子の5枚目のシングル 中学生だった頃、一番の楽しみは深夜ラジオの「オールナイトニッポン」を聴くことだった。 その頃のラジオ・パーソナリティで言えば、月曜は中島みゆき、火曜は桑田佳祐、…という具合に、夜更かし…

週刊東京「少女A」/爆風スランプ

中森明菜の「少女A」を文字ったタイトル爆風スランプのデビュー曲 この曲は自分が高校1年の時に聴いた曲だが、こんな曲を気に入ったり、爆風スランプのようなアングラ的なバンドに傾倒してしまうなんて、やはり当時は自分も若かりし高校生だったんだなと感慨…

太陽にPUMP!PUMP!/EPO

東京女子体育大学出身、EPOの12枚目のシングル EPOのことを地味なアーチストだと思う向きもあるが、実は「オレたちひょうきん族」のエンディングテーマや、いくつものCM曲に起用されるなど、その活動は華やかなものだった。 女子アスリートを思わせるような…

Return to Myself ~しない、しない、ナツ。/浜田麻里

浜田麻里の9枚目のシングルカネボウ「UVファンデーション」CMソング 浜田麻里の存在は、以前から「4オクターブの声域を奏でるハードロックの女王」といった触れ込みで知られていたが、この曲をきっかけに一気にメジャーな存在になった印象だ。 やはり女性ア…

赤道小町ドキッ/山下久美子

元・はっぴいえんど、松本隆+細野晴臣による山下久美子の6枚目のシングル 女性ロックシンガーと言えば、中村あゆみ、渡辺美里ら、80年代後半以降に続々と台頭し始めた印象があるが、よく思い返してみると、それ以前から活躍していた山下久美子こそが女性ロ…

ff (フォルティシモ)/HOUND DOG

日清カップヌードル「ハングリアン民族」のCM曲に起用されたのをキッカケに大ヒット この頃からロックバンドに対する世間の評価が変わりつつあったように感じていたが、まだまだ「不良」の音楽というイメージもあって、テレビに出たとしても「イロモノ」「キ…

蠟人形の館/聖飢魔II

1982年に結成された教団・聖飢魔IIの1stシングル 数年前、自分は欠席だったが、母校の同窓会設立50周年祝賀会が行なわれ、OBのデーモン小暮閣下がスピーチに登壇した。 母校にこうした著名な大物OBがおられることはとても誇らしい限りだ。 ちょうど聖飢魔II…

なんだったんだ?7DAYS/バービーボーイズ

1984年にデビューしたバービーボーイズの6枚目のシングル バービーボーイズで一番好きな曲は?と聞かれたら、自分としてはやはりこの曲だ。 初めて聞いたときは、これまで聞いたことがないよう感じがした。 深夜のMTV系番組だったと思うが、どこかの運河を往…

GET SMILE/森高千里

「ポカリスエット」のCMでデビューした森高千里の3枚目のシングル 自分と同学年ということもあって、今でも当時の森高千里の曲をよく聴いている。 最初に森高千里を知ったのはポカリスエットのCMだったが、どちらかというと当時カリスマ的コピーライターとし…

フレンズ/レベッカ

レベッカの4枚目のシングルドラマ「ハーフポテトな俺たち」主題歌 近年、グループ活動を再開するなどで往時のファンから注目が集まっていて、いまだにカラオケでも人気が高いのだそう。 レベッカの曲の特徴は、やはりなんといってもNokkoの激しい息遣いやテ…