<たそがれ -Twilight->【なつかしの歌謡曲】昭和-平成ヒット・ミュージック

昭和44年生まれの筆者が、60年代~2000年代にヒットした想い出の歌謡曲をお届けするブログ

2019-01-12から1日間の記事一覧

夢の中へ/井上陽水

映画「放課後」の主題歌1989年に斉藤由貴がカバーして人気に 近年はNHK「ブラタモリ」のテーマ曲を歌うなど、にこやかな好々爺という印象もあるが、かつては激しい心情を吐露するような曲が多く、なんとなくエキセントリックでとっつきにくい感じがしたもの…

限界LOVERS/SHOW-YA

SHOW-YAの8枚目のシングル昭和シェル石油のCMソングとして話題に ガールズバンドの先駆けというとプリンセス プリンセスというイメージもあるが、SHOW-YAはそれ以前から活動していた元祖・ガールズバンドと言える存在だ。 自分も含めこの『限界LOVERS』でそ…

YAH YAH YAH/CHAGE&ASKA

CHAGE&ASKAの31枚目のシングルドラマ「振り返れば奴がいる」の主題歌 いくつもの名曲を持つチャゲアスの作品の中でも自分の一番好きな曲だ。 チャゲアスのコンサートに行ったことはないが、きっとこの曲のイントロが流れた瞬間、客席は総立ちになって、サビ…

あなたに会えてよかった/小泉今日子

小泉今日子の32枚目のシングルドラマ「パパとなっちゃん」主題歌 別に大ファンというわけではないが、自分のキョンキョン観を話すと、当初は可愛らしいがあまり特徴のないアイドル、その後は既存のアイドル像を覆す物言いで徐々に自己主張の強さを押し出し、…

どんなときも。/槇原敬之

槇原敬之の3枚目のシングル映画「就職戦線異状なし」の主題歌 90年代になって、歌謡曲の様相も多少変化したように思うが、槇原敬之のようなアーチストや楽曲は昭和にはなかった平成時代の象徴のように自分は感じている。 思えば、特に80年代後半の男性アーチ…

時の流れに身をまかせ/テレサ・テン

『つぐない』、『愛人』に続いてリリースされたテレサ・テン3部作の最終章 自分にとって「男と女の関係」というのは、まさに歌やドラマの世界の話だが、人によっては様々な経験をしていることだろう。 身を焦がすような恋愛や、耐え難いような失恋というもの…

愛が止まらない/Wink

Winkの3枚目のシングルドラマ「追いかけたいの」主題歌 この曲を聴くと「昭和の最期」を感じる。 やはりWinkこそが「最後のアイドル」だ、というのは自分と同じ世代の人なら、共感してもらえるのではないだろうか? 思えば80年代、つまり昭和期の終盤は、ア…

GET SMILE/森高千里

「ポカリスエット」のCMでデビューした森高千里の3枚目のシングル 自分と同学年ということもあって、今でも当時の森高千里の曲をよく聴いている。 最初に森高千里を知ったのはポカリスエットのCMだったが、どちらかというと当時カリスマ的コピーライターとし…

21世紀まで愛して/水谷麻里

水谷麻里のデビューシングル 水谷麻里を知っている人は、なかなかのアイドル好き、もしくは古いマンガ好きだと思う。 昭和61年にデビューするも、数年後には漫画家・江口寿史との結婚により引退、ということは古いマンガ好きならよく知るところだ。 当時の江…

悲しみよこんにちは/斉藤由貴

アニメ「めぞん一刻」主題歌紅白歌合戦ではこの曲で司会も務めた 斉藤由貴の曲の中で一番好きな曲だ。 ミスマガジンで注目されて、その後「卒業」のヒットや「スケバン刑事」の主演などですでに人気に火がついていたが、この曲がリリースされたのは、NHK連続…