<たそがれ -Twilight->【なつかしの歌謡曲】昭和-平成ヒット・ミュージック

昭和44年生まれの筆者が、60年代~2000年代にヒットした想い出の歌謡曲をお届けするブログ

1981年

オリコン年間ランキング

1位)ルビーの指環/寺尾聰
2位)奥飛騨慕情/竜鉄也
3位)スニーカーぶる~す/近藤真彦

【1981年】2月のヒット曲 3選

チェリーブラッサム/松田聖子 ほか 80年代、それも1981年前後は自分が小学校高学年だったことから、よくテレビを見ていた時期であり流行りの曲を聴いた時期だったという印象があるが、実際、81年当時のヒット曲を挙げてみると、意外とこれといった印象が残…

E気持/沖田浩之

元・竹の子族として知られる沖田浩之のデビュー曲 先日、カラオケスナックでこの曲を歌うカラオケ曲がいて、思わず興奮してしまった。 これまで長年カラオケに親しんできたが、沖田浩之以外に『E気持』を歌うのを聴くのは、かなり昔のひょうきんベストテンで…

ギンギラギンにさりげなく/近藤真彦

近藤真彦の4枚目のシングル日本レコード大賞・最優秀新人賞受賞曲 デビューから前曲まで、1位、2位、1位、と出せば大ヒット、1位獲得はあたりまえ、という状況の中、新曲を制作・リリースするプレッシャーは並大抵のものではないだろう。 それを期待通りに、…

悪女/中島みゆき

恋人への別れの想いを自虐的に歌った中島みゆきの11作目のシングル 「中島みゆき」というアーチストを知ったのは、小学校の頃、ベストテン番組でランクインしたこの曲がキッカケだったと記憶している。 当然ながら、中島みゆき本人は出演することなく、ラン…

君は天然色/大滝詠一

70年代ニューミュージック・バンド「はっぴいえんど」の一員だった大滝詠一の代表曲 多くの人もそうだと思うが、自分にとっても大滝詠一は謎めいたミュージシャンだ。 この曲の制作クレジットを見てもわかるように、シンガーとしては「大滝詠一」、作曲は「…

【1981年】6月のヒット曲 3選

夏の扉/松田聖子 ほか 1981年という年、1980年代に突入したというインパクトも薄らぎ、考えてみたら自分にとってはあまり印象に残っていない一年だ。 自分は小学校6年生、中学受験を目指していた年だが、約2年通っていた進学塾にも飽きがきて緊張感が薄らい…

夏の扉/松田聖子

松田聖子の5枚目のシングル前作に続いて財津和夫が作曲 デビューから一年、この曲で3作連続となるオリコン1位を獲得して、すっかり本物のトップアイドルとして人気が定着した感があった。 前作の『チェリーブラッサム』と同様、作曲は元チューリップの財津和…

愛のコリーダ/クインシー・ジョーンズ

大島渚監督映画「愛のコリーダ」をタイトルにしたディスコ・ミュージック こんな世界中で大ヒットしたカッコいいダンス・ミュージックに日本語のタイトルがつけられているなんて、実に誇らしい感じがする。 しかし、自分が子どもの頃に話題になった映画「愛…

ブルージーンズメモリー/近藤真彦

近藤真彦の3枚目のシングルデビューから続く松本隆・筒美京平作品 今までてっきり、この曲がマッチの2枚目のシングル曲だと思っていたが、実はデビュー曲のあと『ヨコハマ・チーク』という曲があった。 その曲はオリコン最高位は2位どまりで、次の3枚目『ブ…

【1981年】3月のヒット曲 3選

ルビーの指環/寺尾聰 ほか 1981年、つまり昭和56年、この当時、自分はもうすぐ小学校6年生になろうかということだが、これといった出来事も思い出も残っていない…。 一方、この頃に流行った歌謡曲に目を向けると、「シャネルズ」、「ルビーの指環」、「春先…

ラストショー/浜田省吾

浜田省吾の13枚目のシングル「あの頃」の青春を歌ったラブソング 自分が知っている浜省の曲は少なくて、この曲もだいぶ後になってから知った曲だ。 そんな曲の歌詞に出てくる「君の親父の車で…」というフレーズを聴くと、自分が学生時代のある出来事が想い出…

君と歩いた青春/太田裕美

フォークグループ・風が歌った曲をカバーした太田裕美の21枚目のシングル いくつも名曲を持つ太田裕美にあって、こんなに心揺さぶられる切ない青春ソングの名曲があったなんで最近まで知らなかった。 この頃はもう女性アイドルの顔ぶれがガラリと変わってし…

【1981年8月のヒット曲】 メモリーグラス/堀江淳 ほか 全3選

1981年、自分は小学6年生だったので、その年の8月は小学校最後の夏休みだったということになる。 この頃の夏休みの想い出と言ったら、進学塾の夏期講習でほぼ毎日塾通いをしていたという記憶しかなく、夏休みの学校の宿題で「夏の想い出」をテーマにした絵の…

ジェームス・ディーンのように/Johnny

横浜銀蝿のリードギター・Johnnyがソロとしてリリースした1stシングル 最近のJohnnyの活動ぶりをテレビ番組で見る機会があったのだが、「ツッパリ」はあくまでステージ上での演出で、本当はストイックな音楽家だったことがわかった。 なんと、現在はキングレ…

キッスは目にして!/ヴィーナス

ベートーヴェンの「エリーゼのために」をオールディーズ風にアレンジした曲が大ヒット こういう曲は、今でも「KENTO'S」のようなオールディーズ系のバーなどで歌われているが、彼らはプロのバンドなのか、それとも本業を別に持っているアマチュアなのだろう…

長い夜/松山千春

松山千春の10枚目のシングルで自身最大のヒット曲 実は、自分が初めて松山千春の曲を聴いたのはこの曲が初めてである。 といっても、この曲がベストテン番組に毎週ランクインしても「コンサート活動のため欠席」という具合で、曲は知っているが見たことがな…

メモリーグラス/堀江淳

北海道・苫小牧出身のシンガーソングライター、堀江淳のデビュー曲 80年代初頭の歌謡曲は、70年代のテイストを引きずっていて、個性豊かなアーチストが次々と現れては消えていった印象だ。 このような曲は、今の時代にヒットすることはないだろうから、子だ…

エンドレス・ラブ/ライオネル・リッチー&ダイアナ・ロス

ブルック・シールズ主演の映画「エンドレス・ラブ」の主題歌 カラオケバーなどでデュエット相手が外国人女性だった場合には、この曲はオススメだ。 声もそれほど高音ではないし、英語の発問も比較的簡単そうなものばかりなので、あとは感情豊かになりきって…

【春のうた_2019/4/2】春咲小紅/矢野顕子

昨日は新しい元号が発表された特別な一日時折雨が降る寒い一日であったが、「令和」という言葉の印象は文字通り、凛とした中にも和みがあるという温かみを感じる言葉だ。 「春」という言葉が歌詞に含まれる曲は多くあるが、タイトルに含まれる曲を探してみる…

恋のぼんちシート/ザ・ぼんち

漫才ブームの真っ只中にリリースされて大ヒットした、ザ・ぼんちのコミックソング 当時は漫才ブームの真っ只中、 「笑ってる場合ですよ!」などでザ・ぼんちは大人気だったが、この曲は歌謡番組にも引っ張りだこだったように思う。 最近、ラジオ番組のコミッ…

ハイスクールララバイ/イモ欽トリオ

欽ちゃんの人気番組、「欽ドン!良い子悪い子普通の子」のテーマ曲 当時、欽ちゃん番組はどれも大人気で、欽ちゃんが「視聴率100%男」と呼ばれていたが、この曲が大ヒットしたことも番組の視聴率アップに大きく貢献したこととと思う。 テクノポップなイント…

もしもピアノが弾けたなら/西田敏行

自身主演のドラマ「池中玄太 80キロ」の主題歌 どのようないきさつで西田敏行が主演するドラマの主題歌を歌うことになったのかはわからないが、人情味や男くささを漂わせて歌う佇まいは役者ならではのものだろう。 自分にとって西田敏行は、ドラマ「西遊記」…

春咲小紅/矢野顕子

矢野顕子の5枚目のシングルコピーライター・糸井重里の作詞で話題に この曲がヒットして、ベストテン番組に出演する矢野顕子を見たとき、天真爛漫とした笑顔で歌うオバさん歌手、という印象だった。 ピアノを演奏して、独特な歌い方をするので、才能ある歌手…

SOMEDAY/佐野元春

佐野元春の4枚目のシングル青春ソングのバイブル的な一曲 懐かしの青春ミュージック、というテーマの企画CDやテレビ番組があったら、この曲はそのテーマ曲として実に相応しい曲だ。 ただ、自分の世代よりも多少上の世代がちょうどピタリとはまる感じがする。…

ウエディング・ベル/シュガー

ガールズバンドの祖、シュガーのデビュー曲で最初で最後のヒット曲 「一発屋ヒット曲」を代表する一曲だ。 やはり最初にコミカル・色モノ路線で大ヒットした場合、次にさらなるヒット曲を送り出すことは至難の業なのだろう。 私的な話だが、当時どこかで拾っ…

セーラー服と機関銃/薬師丸ひろ子

映画『セーラー服と機関銃』の主題歌5週連続オリコンチャート1位を獲得 70年代アイドルの巨星だったキャンディーズ、ピンク・レディーが姿を消した後、新たなアイドルが台頭を始めた80年代初頭。 その代表的な存在は松田聖子だったが、双璧かそれ以上に熱狂…

風立ちぬ/松田聖子

堀辰雄の文学作品をタイトルにした松田聖子の7枚目のシングル 松田聖子には様々な大物アーチストが楽曲を提供しているが、なんと大瀧詠一までもが…、さすが松田聖子は並のアイドルとは違うな、と改めて感じるところだ。 作詞は松本隆だから、まさに「はっぴ…

ルビーの指環/寺尾聰

寺尾聰の6枚目のシングル1981年日本レコード大賞受賞曲 ヒットしすぎて食傷気味な感もあるが、たまに聴くと良い歌だな、さすが大ヒットした曲だなと思う。 カラオケで歌っても知らない人はいない曲だし、音程も低めなので歌いやすいが、息継ぎするところが少…

ラムのラブソング/松谷祐子

アニメ「うる星やつら」の主題歌 アニメ化された作品に対して、マンガ原作のファンが「イメージと違う」ということがよくあるが、「うる星やつら」はどうだったのだろう? 自分の場合、少年サンデーはまったく読まず、コミックスも歯医者の待ち時間で読む程…

チェリーブラッサム/松田聖子

松田聖子の4枚目のシングル前作に続き2作品連続で週間1位を獲得 2作目の「青い珊瑚礁」が大ヒット。 続く、「風は秋色」、「チェリーブラッサム」が2曲連続でヒットチャート1位を獲得して、まさにアイドルのトップに定着したのはこの頃だ。 1981年のヒットチ…